櫻井翔の父、職業は?官僚から電通に天下りで年収が億も夢じゃない!?

CMやニュースキャスター、番組で活躍されている櫻井翔さん!

そんな櫻井翔さんのお父さんの職業ついて気になりますよね!

今回は櫻井翔さんのお父さん・俊さんの職業年収は?について詳しくお伝えします!

目次

櫻井翔の父、職業は?

櫻井翔の父、経歴は?

ENCOUNTより

経歴を簡単にまとめると…

  • 群馬県立前橋高等学校卒業
  • 東大法学部卒業
  • 1977年:旧郵政省(現在の総務省)入省
  • 2016年:総務省を退官
  • 2016年:三井住友信託銀行顧問に転身
  • 2017年:電通の執行役員に就任

とエリートコースを辿ってきています。

旧郵政省に入省してからは、総務省官僚のNo.1ポストである事務次官にまで昇り詰めました

郵政省とは?

郵便事業・郵便貯金事業・簡易保険事業ならびに電気通信・電波・放送に関する行政を取扱っていた。
つまり、郵便、保険、テレビやインターネット関連の事業を取り扱っているところでした。

東大法学部卒のエリート官僚で、専門は情報通信分野でした。

専門的知識を持ち入省して間もなく将来有望視されていました。

櫻井翔の父・俊さんの活躍は総務大臣経験者である菅義偉さんの評価も高かったそうです。

難しいことはわかりませんが、とてもすごい人だということがわかりますね!

退官後は、三井住友信託銀行顧問に転身

その後、次男が勤務する電通の執行役員に就任して話題となりました。

電通とは?

日本最大手、世界規模では5位の広告代理店
新入社員研修の一環として、新入社員が富士登山を行う。通称「電通富士登山」と言われている。

全く関係ない話ですが、指が綺麗ですね!笑

櫻井翔の父、東京知事候補だった?

2016年、東京都知事(当時)の舛添要一さんが、公私混同問題で辞任に追い詰められる状況に陥ります。

この時、後任候補として浮上したのが櫻井俊さん

櫻井翔さんの父として知名度があり、スキャンダルと無縁の「官僚」というところがピッタリだったのでしょう。

サンデー毎日Online

しかしご本人は総務省前で記者会見をし、

情報通信行政をやってきただけの人間ですので、とてもそのような役を果たせるだけの器ではない

と、明確に出馬を否定しました。

自分を冷静に客観視できているところもすごいですね!

この時は結局、小池百合子さんが都知事になりました

都知事にはなりませんでしたが、櫻井俊さんは地元・群馬の知事選に出馬しても支持率が高いのではないでしょうか?

櫻井翔の父、天下りで年収が倍に!?

Johnny’s netより

まず、国家公務員の給与モデル例でいうと事務次官の年収は2300万円と言われています。

櫻井俊さんが勤めていた時期とは異なりますが、同様の額をもらっていたのではないでしょうか?

余談ですが…櫻井翔さんがCDデビューした頃、お父さんの年収を上回ったという話があります。

親子揃って輝かしい人生です!2300万円は夢がありますね!!

日刊スポーツより

続いて電通に天下りした際の、櫻井俊さんと同様の役員区分の平均報酬額は約5160万円と言われています。

平均なのでもっともらっている可能性もありますね!

これで老後も安心して過ごせます笑

櫻井翔の父職業は? まとめ

日刊ゲンダイより

以上で櫻井翔さんのお父さん・俊さんについてお話ししてきました!

東京大学出身で官僚というエリートコースを歩んできた櫻井俊さん。

年収も想像がつかないほどすごい額になっているでしょう。

これからも、櫻井翔さんと俊さんの活躍に期待したいです!

最後までご覧いただきありがとうございました!またどこかであなたに会えますように…♪

目次
閉じる